河津工業株式会社
-
カテゴリ:てるてるぼうず( 19 )
初収穫
今朝の雨を最後に、北部九州もようやく梅雨明けの目途が見えてき始めたような....。

本当に長くて激しい今年の梅雨
水不足は解消できたものの、大きな被害を残しました。
人も自然も何もかもに、ほどよい加減というものを感じ難くなってゆくようです。

さてさて、そんな中にあっても
あの豪雨・強風に負けることなく
我が社のささやかな葡萄棚は無事でした。

今年で4年目
年々、房数は増え玉も大きくなってくるので嬉しくてなりません。
しかも色づきも少しづつ早くなって。

本日 初収穫なり~!!
f0039910_18231890.jpg


現場から戻ってきた皆と早速の味見。
凄い!  葡萄の味がする!  
すっぱさと硬い皮の裏に分厚く甘さのある、あの昔なつかしい葡萄の味がする!
(当たり前やん、葡萄からトマトの味がするわけなかろうし...と
向こうの席から興醒めの声あり)

春先にはこれまでになく大量の花穂をつけ、
欲深い筆者は泣く泣く1/3にまで剪定したのですが
それでもまだ21房もぶらさがっているんです。
楽しみ、楽しみ。      
                     by buja

      f0039910_18384280.jpg
[PR]
by kawazukogyo | 2009-07-29 18:38 | てるてるぼうず
元旦
新年 あけましておめでとうございます

昨年もお客様はじめ多くの方々にお力添えを賜り、厚く御礼申し上げます
どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

      
      平成21年 元旦


         若松区 恵比寿神社の『目出鯛』
f0039910_9304676.jpg






新しい年の幕開けは静かな銀世界でした。
苅田では町並みがうっすら雪景色といった程度でしたが、
それでも新年にふさわしい、心洗われる思いです。

『一年の計は元旦にあり』....
今年から、最低1日30分以上のウォーキングを自身に義務付けた筆者は
早朝7時、ゆっくりと舞い落ちてくる綿雪の中を歩きました。
日頃の喧騒もなく、人工的な灯りもなく、
微かに積もった道の雪には、たった一人途中ですれ違った人の足跡だけ。
まさしく水墨画のような世界に、雪をかぶった山茶花だけが色味を添えていました。

良い年明けの朝でした。

   (by buja)
[PR]
by kawazukogyo | 2009-01-01 09:05 | てるてるぼうず
11月の始まり
今日から11月。
時間の流れの何と早いことか....。

就業前、副社長が先頭となり、皆で社屋玄関・駐車スペースを水洗いしました。

弊社前は昔から工場へ行き交う大型トラックの通行路となっています。
空港ができてからは道路新設のおかげで、
一般車も含めその車量は更に増大、おまけに交差点に面しているせいで
排気ガス・音・埃と大変です。
とりわけ埃はすぐに溜まっては、社屋のあちこちを真っ黒に変えてしまうので悩みの種....。
春先や今頃の窓を開けると気持ちの良い季節、むしろ気の重い季節になってしまうのです。

インターロッキングの真っ黒な汚れも磨きおとして、何とも気持ちの良い玄関になりました。

さぁ、今月も頑張るぞ!!



            現場近くでみつけた秋です。
f0039910_985433.jpg

[PR]
by kawazukogyo | 2008-11-01 09:15 | てるてるぼうず
癒し....その1
お恥ずかしいほどのご無沙汰です。
GWからいきなりもう秋の入り口......。

夏の終わり頃から、何故かしら社内では小さな生き物達に関心が集まり、
それぞれがまるで小学校の飼育係のように、嬉しそうに朝晩世話をしています。
家庭でも社内でも皆、『癒し』に飢えてるのかなぁ?

まず一番目にご紹介はこれですッ!!
『スマトラオオヒラクワガタ』
f0039910_17395041.jpg

誰もその大きさに驚くのですが、彼の凶暴さにはもっと驚かされますよ。
ちなみに彼は、協力業者さんにブリーダーがおられ、その方に頂いたものです。
[PR]
by kawazukogyo | 2008-09-26 18:17 | てるてるぼうず
真夏日
ゴールデンウィーク後半、お天気に恵まれ絶好の行楽日和。

ところが、所要があって町内を車で走っているとなんと暑いこと。
走行中は窓を開け何とか我慢できたものの、駐車後の車中は 「たまらんっ!!」
『今年初のエアコン稼動』....とスイッチに伸ばした手を
ガソリンスタンドの価格看板が、かろうじて押さえ込んでくれました。

ちなみに道路わきの気温表示は、正午なのに 既に 31℃

久々のお休みでサーフィンに出かけている社員がいるのですが
ただでさえ現場で日に焼けた顔が、いったいどこまで黒くなって帰って来ることやら....。
(by buja)

f0039910_1543863.jpg

[PR]
by kawazukogyo | 2008-05-03 15:16 | てるてるぼうず
花、開く。
『幸福の木』の花が開きました。
ジャスミンに似たとても良い香りを事務所いっぱいに漂わせます。
夕方に開花し翌朝には閉じ、それを1週間ほど繰り返すのですが
その細い花茎に余りにもたくさんの花をつけ、大きく首をしならせた姿には
いつか折れるのでは....と、毎日ハラハラさせられています。

f0039910_1993017.jpg


f0039910_1995416.jpg



木瓜のたくさんの蕾達も、一斉にほころび始めました。  (by buja)

f0039910_19201796.jpg

[PR]
by kawazukogyo | 2008-02-15 18:47 | てるてるぼうず
大雪!!
f0039910_18274960.jpg
朝起きてびっくり!! 銀世界です。

工期に余裕のない現場の所長達は、仕事の段取りで困るだろうな
......とは思いつつも、個人的には 『ヤッホー!!』 なのです。
子供と同じで、雪が積もると何だかワクワクしてしまうのを抑え切れません(笑)

今日の雪はいつもと違って、筑豊・犀川方面はほとんど影響なく
勝山・行橋地域がかなりひどかったとか......。

ちなみに、飯塚から通勤の副社長と所長1名
昨日からの天気予報を気にかけつつも、飯塚・田川とまるで雪はなく
『楽勝じゃ』と余裕で仲哀トンネルまで来たそうです。
ところが、トンネル半ばからピタッと車列は動かない、
はまった渋滞から抜け出すこともかなわず
少々マズイかなと、会社へ『少し遅れる』と電話が入ったのが午前7時20分でした。
......その後の彼らは、待てども待てども到着しません。
いつもなら20分余りの距離です。
降りしきる雪の中、
彼らの目に渋滞の車列は
まるで1晩置きっぱなしの大繁盛の路上駐車場....だったそうな。

2人がグッタリした顔を見せたのは、午前11時30分!!
何と勝山から苅田までのわずかな距離を、4時間もかかって会社に到着したのでした。 
お疲れさまでした。 (by buja)

f0039910_18301921.jpg

[PR]
by kawazukogyo | 2008-02-13 14:54 | てるてるぼうず
開花待ち......。
f0039910_103241.jpg
我が社にはじめて来た時は
背丈1mほどでしたが、今では2m越え。
ドラセナ・フラグランス・マッサンギアナ
先日、ふと見上げれば花穂をつけていました。
これで2度目の開花です。 
俗に『幸福の木』と呼ばれていますが、
それが花開くとは.....何やら良い感じ!











f0039910_1019163.jpg
これでもかと言わんばかりの
木瓜の蕾たち。

姿も美しさを思えば
間引くべきなのでしょうが、
懸命に膨らんで、色をつけて...
そう思うと手が伸びません。









(by buja)

 
[PR]
by kawazukogyo | 2008-02-06 10:34 | てるてるぼうず
新春
明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

f0039910_16485587.jpg

[PR]
by kawazukogyo | 2008-01-07 16:49 | てるてるぼうず
若き画伯
f0039910_983575.jpg













f0039910_985360.jpg













弊社職員の息子さん、川寄匠君の作品です。 
題材は彼の身近な人達の『顔』です。

彼はまだ高校1年生で、美術部に入ったのもこの春とか。
美術部の先生は中学の頃から彼の才能に気づかれていたそうで、
そのご尽力で、つい最近個展を開いたばかりです。
各新聞の京築版にも掲載されたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。
彼の作品は全て20センチ角のダンボールに描かれているというのも独創的でしょ。
何と嬉しいことに、個展に出品した20点のうちから上の2点を頂いてしまいました!!
作品のとおり、若くて伸びやかな、大らかな笑顔の未来の画伯です。
(by buja)
[PR]
by kawazukogyo | 2007-12-17 10:28 | てるてるぼうず